Never Ending Re-InventionKaizen Platform オフィシャルブログ

「現地の人が持つ感覚」を大切に。WAmazing加藤氏が語る、クロスボーダーマーケティングで心掛けるべきコト

 

近年、日本を訪れる外国人の数は増加し続けている。日本政府観光局によると、2016年の訪日外客数は2403万9千人であり、過去最多の訪日者数となった。

訪日観光客に対して無料のSIMカードを提供し、タクシーの配車サービス、飲食店や観光のおすすめ情報などを提供しているスタートアップ企業がWAmazingだ。今回は、WAmazingの代表取締役社長である加藤史子氏に、WAmazingの海外市場へのマーケティング施策についてお話を聞いた。

加藤氏にご登壇いただいたAd Week Asiaのセッション記事はこちら

<WAmazingサービス紹介ビデオ>

知られていない日本の観光地が発見されるきっかけを作りたい

―まず、WAmazingを始めた経緯について教えてください。

加藤:やりたかったのは「世界に知られていない日本の観光地が発見されるきっかけをつくる」ことです。

旅行業界では旅行者の住んでいるところを「発地」、旅行先を「着地」と言います。普通は、発地側が旅行者向けに観光メニューを作るのですが、どうしても大衆受けするパッケージメニューになってしまいます。

私たちは着地側から「こんなところが日本にあるんだよ」と伝えたいと思ってこのサービスを始めました。ネットを上手く使えば、コストをかけずに発地の旅行者と着地のサービスとをつなげることができますから。

重要なのは、日本に旅行に来る前にお客様を獲得することで、その仕組みとしてスマホのアプリと日本で使えるスマホ用SIMを提供しています。海外に比べて日本は公共WIFI環境整備が遅れていますし、旅行中はいろいろな場所へ移動するわけですから、移動する度にWIFIを探してつなぎ直すのはとても不便です。

私たちは、訪日観光客にも日本に住んでいる人と変わりなく、自分のスマホからネットを使える無料のSIMを提供しています。お客様には出発する前にWAmazingのアプリをダウンロードして、ユーザー登録をしてもらいます。日本に到着したら、成田空港の到着ロビーに設置してあるSMカード受取機でSIMを発行して、自分のスマホにセットすれば、すぐにネットに接続することができます。

 

 

 

海外旅行中だから、普段よりもネットのアクセスが重要

―クロスボーダーのマーケティングで、気がついたことはありますか?

加藤:私たちは香港と台湾向けにサービスをスタートしたのですが、共通しているのは、ソーシャルメディアの使い方がすごいんです。彼らは、日頃から日本人よりもずっと多く投稿しますし、他の人の投稿にどんどんコメントをします。面白い投稿や気に入った写真があればシェアも山ほどしてくれます。そんな彼らは、海外旅行中は、普段よりももっと投稿したい、もっとたくさんの写真を投稿したい、他の旅行者の写真や動画を見たいと思うわけです。なので、回線の速度は重要なんです。

 

 

「現地の人が持つ感覚」を大切に

―クロスボーダーでのマーケティングについてアドバイスはありますか?

加藤:現地の人が持つ感覚を大事にした「クリエイティブ」が重要だと思います。キャッチコピーや紹介文を外国語に翻訳しても、全く現地の人にシズル感が伝わらないのは当たり前ですよね。その点で、動画は言葉を挟まないコミュニケーションを設計できるので、クロスボーダーのマーケティングに動画広告はすごく相性がいいと思います。

今回はKaizen PlatformのKaizen Adを使って、Facebookの動画広告を出稿しました。複数の動画広告クリエイティブを作成して、どれが一番パフォーマンスが高いか試行錯誤しましたが、非常に高いコンバージョンレートでアプリをインストールをしてもらうことができました。

WAmazingが提供しているのは、モノではなくて海外旅行という体験です。旅行の体験は非常に個人的なものですから、お客様にとって価値のある体験とはどんなことなのか、それを象徴するクリエイティブとはどのようなものなのかが理解できていないと、広告は作れないですね。クロスボーダーマーケティングのクリエイティブは、お客様のいるところで作ってもらったほうが成功しやすいと思います。