Never Ending Re-InventionKaizen Platform オフィシャルブログ

10/12迄!実績やスキルをPRしたい Kaizen グロースハッカー募集 〜Web&デジタルマーケティングEXPO 2015秋〜

ブースでのプレゼンテーション

Kaizen Platformは、10月28〜30日に幕張メッセで行われる「Web&デジタルマーケティングEXPO 2015秋(ブース番号5-24)」に、規模を春の2倍にして出展します。

今回、展示ブースにて、社外にグロースハックチームを持つことを検討して来場するWebサービスの担当者に向けて、Kaizen Platformのグロースハッカーが自分の改善実績やスキルを売り込むことができる、ライトニングトーク(5分間プレゼンテーション)の機会を提供する企画を用意しました。

詳細、応募はこちらからお願いします!(10/12まで)

 

参考)グロースハッカーとKAIZEN PLATFORM

福岡オフィス新設記念イベント – Fukuoka Nextの地でKaizen Next!

Kaizen Platformの福岡オフィス新設を記念して、9月16日にオープン記念イベントを開催しました。オフィスが入居するインキュベーション併設型コワーキングオフィス「OnRamp」を会場に、福岡で活躍するグロースハッカーの皆さまをはじめ日頃からお世話になっている各社の皆さま約30名にご参加いただきました。

集合写真

Kaizen Platformはこの福岡オフィスを拠点に、九州および西日本エリアでの営業活動を促進していきます。また福岡市在住のグロースハッカーと構成する「福岡グロースハックネットワーク」への取り組みを強化し、さらに多くのグロースハッカーが福岡を拠点に活躍できる環境を整え、「グローバル創業・雇用創出特区」である福岡市におけるクリエイターの創業支援をこれまで以上に推進します。

イベントには、福岡市の高島宗一郎市長が駆けつけ、「これまでの常識を打ち破るチャレンジ心新しい価値を創り、福岡のスタートアップ企業がグローバル・スケールで展開していくための牽引役になってほしい 」と、Kaizen Platform 福岡オフィスへの期待を込めた祝辞を頂戴しました。

Fukuoka Mayor

また弊社アジア事業統括の小川淳は、「これまで福岡で取り組んできたクリエイターへの支援を強化するとともに、今後、ダイレクトマーケティングの盛んな九州エリアの企業の事業成長に貢献できるよう活動していきます。2016年末までに同エリアで20社以上の顧客獲得を目指し、『Fukuoka Next』を掲げてチャレンジするこの地で『Kaizen Next』のテーマを掲げ、日本だけでなくアジアに向けてチャレンジをしていきます」と福岡オフィスへの意気込みを語りました。

その後、Kaizen Platform社員から福岡の皆さまへ向けたビデオメッセージ、「OnRamp」に入居するスタートアップ各社代表者様からの祝辞に続き、ご来場いただいた皆さまとの記念撮影となり、福岡でのスタートを飾るにふさわしい賑やかなイベントとなりました。

Kaizen Platformは今後、九州エリア企業のデジタルマーケティング支援と、福岡市におけるクリエイティブ人材の育成と連携を積極的に進めてまいります。

 

関連プレスリリース

スドケンとビズリーチ丹野氏で「プロダクトマネージャー」を語るセミナー

ビズリーチ丹野氏 x Kaizen Platform須藤

2015年10月9日(金)19:00@ビズリーチ本社(渋谷)で開催

対象者

  • 日々奮闘しているWebサービスのプロダクトマネージャー
  • プロダクトマネージャーを組織に置くWebサービスの事業責任者
  • 肩書きはプロダクトマネージャーではないけど、私がやってることはプロダクトマネージャーだという方

Webサービスのプロダクトマネジメントはどうなる?

海外のWebサービス企業では、すでに重要なポジションとして確立されているプロダクトマネージャー。開発マネージャーでもプロジェクトマネージャーでもない、プロダクトマネージャーという職務についての認知度は、日本ではまだまだ低く、プロダクトマネージャー自身も自問自答しながら日々仕事されているのではないでしょうか。

当セミナーは、プロダクトマネージャー必見のブログ「小さなごちそう」のオーナーであり、現役でプロダクトマネージャーとして活躍されているビズリーチ丹野氏と、KAIZEN PLATFORMを世に送り出し製品をリードしているKaizen Platform CEOの須藤が、どうすればWebサービスの事業成長を牽引するプロダクトマネージャーになれるのかを公開で徹底議論します。
続きを読む

A/Bテストを超えて – クリエイティブが自動学習する未来

クリエイティブが自動学習する未来
2015年9月8日に開催されたネット&スマートフォンコマース2015にて、Kaizen PlatformのSales&Development Lead 北祐一が、「クリエイティブが自動学習する未来」をテーマに講演しました。「ショップジャパン」ブランドを展開するオークローンマーケティング様とともに同テーマで取り組んだ新しいチャレンジの成果を発表しました。
続きを読む

お客様改善事例ページができました

創業から3年目。Kaizen Platformは、約3,000アカウント、120社以上でエンタープライズ導入と、おかげさまで多くのお客様に活用いただいています。このブログでもお客様のグロースハックの取り組みを紹介してまいりましたが、本日、弊社コーポレートサイトにお客様改善事例を紹介するコーナーができましたので、ご案内します。

スマートフォンから

PCから

URLはこちらです。ぜひ、ご覧ください。第1弾は、ガリバーインターナショナル様とベネッセコーポレーション様です。UI/UX改善を通じて事業成長やビジネスのROI改善を狙う方に向けて、本コーナーを充実させてまいります。

https://kaizenplatform.com/ja/customer_stories/

 

経営者はすでにデジタルやマーケティングの重要性を理解している

Kaizen Growth Drive 2015 Opening

2015年7月23日(木)、Kaizen Platformとしてマーケター向けの初主催イベント「Kaizen Growth Drive 2015」を開催しました。企業のマーケティングリーダーを対象とした本イベントは、「優れた顧客体験(UX=User Experience)をどうすれば継続的に提供できるのか?組織のあり方や個人に求められるものはどう変わるのか?」というデジタル時代にお客様が直面する本質的な課題をテーマに行われました。
続きを読む

UI改善の敵は余計な先入観!

サイトのUI改善やA/Bテストを行っていく上で、余計な“先入観”ほどやっかいなものはありません。

実際にテストをしてみると、「ずっと良いと思って使っていたコピーやビジュアルより、別の表現の方が効果が高かった」ということも意外とよくあること。

そこで今回はグロースハッカーとタッグを組み、既存のデザインにとらわれすぎず、ゼロベースで様々なアイデアを出し大きな改善に繋がったA/Bテストの事例を紹介します。
続きを読む

今、世界のデジタルマーケターは「Customer experience」に注目している

Customer experience_top_20150220

デジタルマーケティングの先進国と言われるアメリカやイギリス。そのような国々で今デジタルマーケターが注目しているのが、「Customer experience(顧客体験価値の最大化)」。

一方でここ数年話題になっていた「Mobile(モバイル最適化)」に対する関心度は落ち着いてきています。

今回はそういった海外のデジタルマーケターが2015年に注目している領域を調査した結果をまとめたEconsultancyとAdobeが作成したレポート「 Digital Trends 2015」とそれをわかりやすくチャートにしている「Marketers’ “Most Exciting Opportunity In 2015″ Is…」から気になるデータを紹介します。

最も注目を集める「Customer experience」と大きくポイントが下がった「Mobile」

exciting_opportunity_2015(Credit:Marketers’ “Most Exciting Opportunity In 2015″ Is…)

調査結果を見てみると、2014年、2015年共に最も注目を集めているのは“Customer experience”(顧客体験価値の最大化)。昨年の20%に対して、今年は22%とその注目度は更に増してきています。

一方で昨年に比べて大きくポイントが下がったのが“Mobile”(モバイル最適化)。18%で2位だった昨年に比べ、今年は13%に。順位も3位に落ちました。

こちらは2014年に行った結果の詳細です。
exciting_opportunity_2014(Credit:Marketers’ “Single Most Exciting Opportunity For 2014″ Is…)

アメリカのデジタルマーケターに絞るとこの傾向はさらに強い

アメリカ、ヨーロッパ、アジアと地域ごとのデータを見るとこの傾向がよりわかりやすくでています。

exciting_opportunity_regional(Credit:Digital Trends 2015)

“Customer experience”に注目するマーケターの割合が24%と他の地域よりも多い一方で、”Mobile”の割合は11%と他の地域よりも少なく両者の差も大きいです。

アジアでは”Mobile”の注目度は16%と高く、スマホに最適化することがまだ大きな競争要因の1つとなっている印象。それと比べてスマホ最適化が進んでいるアメリカでは当たり前のことで、競争要因となりにくいため注目度も下がってきているのかもしれません。

Customer experienceでどのように違いを出していくかがポイント

Customer experience_photo2_20150220(Credit: Photo by Nikos Koutoulas on Flickr)

今後他社との競争優位性を高めていく上で注目の集める顧客体験。顧客体験に関しては今回の調査で以下のような結果もでています。

  • 78%のマーケターは顧客体験で差別化をしたいが難しいと思っている
  • 44%のマーケターは、顧客体験で差別化をするなら、”簡単にする””楽しくする””貴重な体験にする”といった感情面へのアプローチが必要だと考えている
  • モバイルファーストが競合に対する大きな優位性になると考えているのは7%しかいない
  • 優れた顧客体験のためには、スキルやテクノロジー、データよりも戦略こそが重要
  • 顧客体験を改善する1つの方法として、33%のマーケターがパーソナライズに着目している

今回のレポートは世界のデジタルマーケティングのトレンドを知るためや、日本を含めた今後のアジアの流れを予測する上でも非常に参考になります。詳しい調査結果が気になる方は本編もチェックしてみてください。

Digital Trends 2015
Marketers’ “Most Exciting Opportunity In 2015″ Is…
Marketers’ “Single Most Exciting Opportunity For 2014″ Is…

売上げを大幅に向上させたA/Bテストのプランニングとは

nestel_main

以前にA/Bテストで成果を出すチームのプランニングシートの書き方というテーマで、プランニングシートの書き方に焦点を当てて事例を紹介しました。

そちらでも紹介したように、優れたテストプランニングが良質なデザイン案を生み出すことに繋がり、最終的には事業を前進させることになります。

本稿では秀逸なテストプランニングの結果、A/Bテストで月間の売上を数億円改善して事例を紹介します。

事例概要

nestel_casestyudy_top
今回紹介するのは、ネスレ日本株式会社様が運営する通販サイトの1つである、コーヒーマシン「ネスカフェ ドルチェ グスト」のカプセル定期便販売ページ改善事例です。

販売数(定期購入数)の増加を目的とし、グロースハッカーの方から案を募りA/Bテストを実施しました。

目標の数値に最も効果がある”場所”を見分ける

A/Bテストを実施する場合、どのページでテストをするか、つまりテストの”場所”をどこにするかが、その後の結果に大きな影響を与えます。

今回の事例では、テストのゴールを事業の成長に直接関わる、”販売数の増加”に決定した後、すぐにその目標に1番影響を与えるページをテスト対象ページに選定。

テストページを選ぶ際にはどうしても複数のページで迷ってしまうものですが、選定時も選定後もブレることなくこのページを集中的に改善したことが大きな成果に繋がったと言えます。

コンパクトかつ明確な文章に落としこむ

特に外部の方にデザインを依頼する時のように、テスト設計者とデザイン制作者が異なる場合には注意が必要です。

デザイン制作者に、テストの背景や企画の意図、依頼したいことを正確に過不足なく伝えることができるかでデザインの方向性や質も変わってきます。

今回の事例でグロースハッカーの方向けに作成されたオリエンシートでは、目的から背景、依頼したいことが初見でもわかりやすいように、シンプルかつ明確に整理されていました。

nestel_orienseat
上の図はシートの一部ですが、「変更して欲しい箇所」と「変更してほしくない箇所」がはっきりしていることがわかります。

キャッチコピーは指定する一方で、その他かなりの部分では変更をOKとすることで”表現の方法”をグロースハッカーに一任。グロースハッカーとのタッグの組み方が非常に上手い事例です。

結果として定期購入数を9%改善、売上では数億円規模の向上に

テストの結果としては、2回のA/Bテストを実施した段階でCVRが9%改善しました。

「特典」の見せ方を変更しCVRに8%の変化が

nestle_casestyudey_abtest1
1回目のA/Bテストでは、既存のデザイン案よりもCVRが8%高いデザイン案が登場。

プランニング通りトップのキャッチコピーは変更していませんが、画像やテキストを変更し、特典部分の見せ方を変更したことが改善に繋がりました。

細かい装飾でさらに1%改善

nestle_casestyudy_abtest2
2回目のA/Bテストでも、「特典」部分に背景色の変更やリボンでの装飾といった細かい変更を加えた案が、さらに1%CVRが高いという結果に。

先程の案と比べると1%とわずかな違いではありますが、こちらも既存の案と比べると10%近くCVRが増加しています。

CVRの改善率以上にインパクトのあった売上への貢献

A/Bテストが年間数億円レベルの売上げアップに貢献

CVRが9%改善すること自体素晴らしいことなのですが、今回の事例ではそれ以上にインパクトがあったのが売上への貢献です。

定期お届け便のお客様を獲得することは、複数回購入を約束してくれるお客様を獲得することであり年間を通して売上に貢献します。つまり、CVRが数%改善されることが、売上の大幅なアップに繋がるとのこと。

A/Bテスト単体ではなくて、マーケティング全体の視点で見ると今回のテストが非常に大きなインパクトがあったことがわかります。

今後の可能性

上記の結果を受けて今後のA/Bテスト方針も、やたらと複数のページをテストするのではなく、CV数が多いページに絞って集中的に改善していくことに改めて決定。

そうすることで新たなテスト設計の手間も省け、ページの改善に多くの時間を割けます。

同一ページでテストを複数回実施し、CVRの向上に効くカギとなる要素を細かく把握していくなど、継続的にページを改善し、さらに大きな成果を上げることも期待できるでしょう。

また今回のテストに関して担当者の方からもコメントを頂きました。

ウェブサイトの改善に際し、数種類のページを作成するにもブリーフからproductionアップまで数週間から1か月以上の時間を要するという問題がありました。

ところが、KAIZEN PLATFORMでは瞬く間にたくさんの提案をグロースハッカーの方々からいただくことができ、短期間で何度もテストをし改善をすることが可能で、結果も出すことが出来ています。

ウェブサイトは作って終わりではなく、作ってからがスタートなわけですが、5年ほど前まではそれはあくまで理想論で制作を内製化していな場合は特に、時間を要することが通例でした。それが、ユーザーの反応を見ながらトーナメント形式でCVRを上げ続けることができるツールを手に入れ、理想が現実になったなと実感しています。

投稿の選定から結果の確認まで同じペー以内でできるのも助かるポイントです。これまではのアクセス解析での別途の目標設定や事後の解析の作業を考えると、社内の事後処理も大幅に軽減されています。

大変有り難いお言葉を頂き恐縮です。ありがとうございます!

継続的なサイト改善には明確なテストプランニングが必要

いかがでしたでしょうか?今回はA/Bテストプランニング時のポイントに焦点をあてて事例を紹介してきました。

最終的に事業の成長に繋げるためには、プランニングの段階で「ビジネス全体で見て改善すべき数値は何か」「その数値に最も影響を与える場所はどこか」を明確にすることが必要です。

もし今A/Bテストがあまり上手くいってないという場合は、ぜひ一度テスト設計段階に立ち返り、テスト計画を見直してみることをおすすめします。

事例紹介にご協力頂いたネスレ日本株式会社様、ありがとうございました。

デジタルマーケティングの未来を占う5つのデータ

digital_marketingdata5_main
今回はKaizen Platform USブログにて公開された「News by Numbers: Achieving Harmony Between Big Data and Creative」という記事を翻訳し紹介します。

「ビッグデータとクリエイティブの融合」をテーマに、5つのデータを参照しながら今後のデジタルマーケティングに関して考える記事です。

注目したいデジタルマーケティングに関する5つのデータ

『2020年』までに企業はビッグデータの活用により収益を20%成長させる

digital_marketingdata5_oracle
Oracleは昨年2月にDMPの分野の代表的な企業でもあるBlueKaiを、12月にオフラインの消費者支出データを活用するデジタルマーケティング企業・Datalogixを相次いで買収。ビッグデータへの関心の高まりを象徴する出来事となりました。

参考記事:「Oracle To Acquire Data Solutions Giant Datalogix」

文字よりも画像の方が『60倍』脳は早く理解できる

digital_marketingdata5_brain(Credit: Photo by dierk schaefer on Flickr)

情報過多の時代、マーケティングや広告においても、文字情報ではなく動画や画像といった視覚に訴えるクリエイティブの重要性が高まっています。その中でビッグデータが果たす役割は、最適なクリエイティブがどれかを見分け、予測し、その価値を最大限に発揮することです。

参考記事:「Why Visual Content Will Explode In 2015」

マーケティング責任者の『88%』はデジタル広告にもっと投資したい

digital_marketingdata5_emotion(Credit: Photo by Damian Gadal on Flickr)

多くの大企業のマーケティング担当者が、デジタル広告へのさらなる投資を進めています。結局ここで重要なのが人々の心をいかに掴むか。データを読み解き、顧客の心理を理解し、関係性を築いていく工夫や努力が求められます。

参考記事:What Would Don Draper Say About Programmatic?

『2/3』のマーケターがデータ活用に関する予算の増加を実感

digital_marketingdata5_think(Credit: Photo by Jacob Bøtter on Flickr)

データ活用に関する予算が増えてきている一方で、「集めたデータを何にどう活用するか」と頭を悩ませているマーケターが多いことも明らかに。予算を投じる前にこれらの部分を明確にする努力が求められます。

参考記事:DMA Conference Survey: Half of Marketers Seeing ROI on Data Investments

ビックデータは2017年には約『5兆円』規模のビジネスになる

digital_marketingdata5_landscape(Credit: Photo by KamiPhuc on Flickr)

2009年には100億円にも満たなかったと言われるビッグデータ領域のビジネス。オラクルの調査ではこれから更に急速に成長し2017年には5兆円規模のビジネスになるとも。ビッグデータの可能性は未知数で、ここを活用できるか否かが企業やマーケターとしての生命線になりそうです。

参考記事:Top 8 Big Data Trends That Marketers Should Care About

データの活用が進むからこそ、いかに人々の心を掴むかが重要

今後ビッグデータの領域が成長することに伴い、多くの企業が積極的にデータを使う時代になっていくからこそ、いかに人々の心を掴むかといった顧客との関係づくりが重要になります。そして人々の心を動かすには優れたクリエイティブの存在が不可欠です。

ビッグデータの使い道として、その予算の一部を「クリエイティブの最適化」に振り分け推し進めることは、1つの競合優位性を築くポイントになるのではないでしょうか。