Never Ending Re-InventionKaizen Platform オフィシャルブログ

マーケターには精度の高い妄想力が必要

2015年9月29日、株式会社トレジャーデータ主催 “良品計画 奥谷さんが語るこれからのマーケティング” トークイベントが開催されました。会場となった渋谷のイベントスペースdots.は200名を超える参加者で超満員となりました。

Kaizen Platform Inc. からはSVP of Production 瀧野 諭吾が「機械学習によってコンテンツの最適化がどのように進化するのか」について解説しました。

Kaizen 瀧野氏

イベントの最後に行われたパネルディスカッションでは「マーケターがやるべき仕事とは」をテーマに、Kaizen Platform 瀧野、良品計画 奥谷氏、トレジャーデータ堀内氏、antenna* 高木氏が、これからのマーケターの仕事とテクノロジーとのつきあい方についての白熱した議論が展開されました。「マシンラーニングとABテスト」、「社内のマーケターとベンダーの役割分担」、「精度の高い妄想力でコンテンツマーケティング」など、ユニークな切り口でディスカッションは盛り上がりました。

このセッションの模様が、WebマーケティングポータルFerretで紹介されています。
記事はこちら>> Ferret ニュース “マーケターがやるべき仕事とは” – (良品計画 奥谷氏・antenna* 高木氏・Kaizen Platform 瀧野氏・トレジャーデータ堀内氏)

奥谷氏

さながら奥谷教授の白熱デジタルマーケティング教室。「マーケターには精度の高い妄想力が必要」
写真提供: Ferret (ferret-plus.com)