Never Ending Re-InventionKaizen Platform オフィシャルブログ

平均改善率28.9%を誇るplanBCDの注目グロースハッカー・株式会社やじるし様インタビュー

yajirushi_koyanagisama1
8月の参加以来、約2ヶ月で70件以上のデザイン案を投稿し、平均改善率20%以上を誇る、planBCDの注目グロースハッカー、株式会社やじるし様。

今回は代表の小柳氏に、成果を出す秘訣や実際の報酬の話などを含め、グロースハッカーとしてplanBCDを試された上でのリアルな感想をお伺いしてきました。

2ヶ月弱で投稿案は73件、平均改善率は28.9%の注目グロースハッカー

yajirushisya
今回インタビューにご協力頂いた株式会社やじるし様は、ウェブサイトやアプリケーションの制作を得意とされていて、今年の8月にplanBCDにグロースハッカーとして参加頂きました。

8月からの約2ヶ月程で、

  • 73件のデザイン案を投稿
  • そのうち約50%の案が実際にクライント様から採用
  • 採用された案の平均改善率は28.9%

 


という大変な高成績を収められています。

1つあたりの作業のスパンを短くできることを魅力に感じた

そもそもplanBCDに登録頂いた経緯としては、運営側から送られてきたメールに興味を持ち、実際に担当者と話をしたことがきっかけだといいます。

「planBCDであれば、プロジェクト1つあたりのスパンを短くできそうだ」とのお考えからジョインされましたが、実際やるからにはなるべくコンスタントに、との想いから、今では作業量の半分くらいをplanBCDに当てて下さっています。

実際に使ってみた感想

画面上でのコミュニケーションになるので、想像力を働かせることがカギ

実際に使用した上で苦労された点については、コミュニケーション面とのこと。

『クライアントの方と直接話をするのではなく、画面上でのコミュニケーションになるため、“相手が何を考えているのか”想像力を働かせる必要があり最初は少し苦労しました。

とはいえ、多くのことはプランニングシートに書いてあり、それをしっかりと読んだ上で進めれば特に問題が発生することはないため、今では特に心配はないです』
(小柳氏)

*プランニングシートとは、クライアント様がデザイン案を募集される際に作成されるシートで、テストページ、変更箇所、注意点が具体的に明記されたものです。

「作り直すくらいの勢いで」と言われた時は燃えた

想像力を働かせた自分ならではのデザイン案が作成できるるため、変更の余地が多い案件程モチベーションが上がるという小柳氏。

『プランニングシートに「作りなおすくらいの勢いで」と書いてあった時には、仮に制作工数がかかってしまって割に合わないとしても、やっぱり燃えましたね(笑)』

とお話されるように、ご自身のアイデアを基にサイトを改善し、元案や他のグロースハッカーが作られた案との結果を見比べることができる点は1つの魅力とのこと。

yajirusi_koyanagisama2

気になる報酬面や、成果をだすためのポイントとは

報酬面はデザイン案がどのくらい採用されるか次第

実際の所、グロースハッカーに興味のある方が最も気にされるのは報酬面ではないでしょうか。この点に関して伺ってみると、

『デザインの制作効率とデザイン案の採用率次第で、その辺りはまだ明確には判断でないというのが正直なところです。ただ、今の採用率が保てれば十分ペイすると踏んでいるので、この採用率を保てるようにしたいです。』とお答え頂きました。

伸びしろを考えて作る

『採用されるという観点とはちょっと矛盾してしまうのですが』という前置きでお話くださいましたが、小柳様が最も大事にされてることとして、「伸びしろを考えて作る」という観点を強くお持ちであるとのことです。

外部のグロースハッカーとして関わるからこそ、社内からは出てこないような案を出す。それで採用率が下がってしまうのであればしょうがない。とのこと。

ボタンの色の変更や配置の変更などの、簡単で短期的かつ確実に結果が出る方法は色々あるものの、”ある程度大胆にデザインを変更し、その上で結果が出たら細かいブラッシュアップ施策が取れるような案”が1つの目安。

『せっかくA/Bテストをしてもらうのだから、普段だと本採用は無理だなと思われるような案をあえて出すようにしています』

とおっしゃるように、細かい改善案だけでなく時には、エッジの効いた変更案を投稿することが、結果的に高い採用率はもちろん、改善に繋がっているのではないでしょうか。

【事例】転職サイト「Green」のランディングページ改善案

yajirushi_green2

例えば、転職サイトGreenのA/Bテストでは図の様な改善案を作成頂きました。

『サイトを開いて最初に視点が行くのは主に左上ですが、フォームは右側に配置したほうが効果が高い場合が多く、この左上と、フォームの送信ボタンが来る右下をつないだバックスラッシュ型の構図に入力項目を配置してまとめました』という改善案。

元のサイトデザインから大きく離れ、配置の変更に加えて背景画像の抜本的な変更および、入力項目を吹き出し形式にすることで、新規登録率の大幅な改善に成功しました。

規約面をきちんと把握した上で登録することが大切

またグロースハッカーとして登録をする際の注意点に関しては、

『基本的にはグロースハッカー側が責任を追う形になることに加え、グローバルなサービスのため、特に個人でジョインする場合には規約の面はよく把握した上で利用することが大切

とのこと。今後グロースハッカー登録を検討して下さっている方に対しては、かなり実践的なアドバイスです。

他のグロースハッカーの人とは刺激し合いながら一緒に頑張りたい

最後に、思いきって”他のデザイナーの方にplanBCDを薦められるか?”、正直なご感想を伺ったところ、

『まだ「試している」という感が強く、どこまで作業を軽減できるのか、結果的に1ヶ月でどれだけ回せるのか、そういった期待値がちゃんと見えてから、薦める人には薦めたい』

とご回答頂いた上で、『仮に弊社だけが良い案を出せたような場合がもしあったとしても、クライアント様が使う意味が薄れてしまうと思うので、他のグロースハッカーの方とも刺激し合いながら一緒に頑張りたいです』とコメントを頂きました。

小柳様、この度はお忙しいところご協力下さり、ありがとうございました。

また、planBCDでは引き続き、様々なサイトを改善してくれるグロースハッカーの皆様を募集中です。
是非こちらからご登録(無料)ください。