Never Ending Re-InventionKaizen Platform オフィシャルブログ

グロースハッカー直伝、まず試したい簡単で効果的な「鉄板」A/Bテスト案

20140909_22222
A/Bテストに興味があるものの具体的な改善案が浮かばない、もしくはそもそも何から始めたらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は実際にplanBCDでご活躍中のグロースハッカーの方に、まず最初に試したい「鉄板」改善パターンを伺ってきました。

本稿では、その中でも「簡単」「すぐに実践可能」「結果がでる確率が高い」という観点から厳選した3つの案を紹介していきます。

1. ボタンの色を変える

20140904_1

まさにA/Bテストの鉄板中の鉄板と言える、「ボタンの色」の変更テスト。

どのページ、どのの箇所でも汎用的にテストをすることができ、かつ「どれかの色が」ほぼ確実に結果を出せる非常に優れた施策です。

同じサイトでも、ページの構成や背景などによって効果の高い色が変わってくるので、ページごとに全く結果が変わるのが奥が深い所です。

ボタンの色に関するテストに関してはまた次回以降のブログでも深堀していく予定です。

2. 重要な要素はファーストビューに設置する

20140909_22222

訪問者に押してほしいボタンやリンク、バナーなどは、ページのファーストビューに設置されているでしょうか?

ファーストビューとは、ページを開いた際に、スクロールしなくても目に入る画面の範囲の事です。

スクロールせずに直帰してしまうお客様は想像以上に多いもの。もしアクションに繋がる重要なボタンがページの1番下にあるという場合は改善のチャンスです。そのボタンを今すぐファーストビューに設置しましょう。

厳密には使用しているPCやブラウザによってもファーストビューは異なりますが、そこまで難しく考えずに、まずは自分のPCで試してみることから始めてみてください。

【応用編】重要な要素以外はファーストビューから消去する

また、応用編としては、重要でない要素を思いきってファーストビューから消去し、スッキリさせるというのも試してみる価値のあるアイデアです。

そもそもボタンをファーストビューに設置する目的は、ボタンを目立たせることで、訪問者にしっかりと認識してもらうため。

複数のボタンや無駄なテキスト、リンクなどがファーストビューにごちゃごちゃしている場合には、本当に注目して欲しい要素以外を消去することで、訪問者の関心を1点に集中させることができます。

3. CTAを明確にする

20140904_33

CTAとは「Call To Action」の略で、訪問者を特定の行動へ喚起することを指し、「購入」「無料登録」など、ボタンやリンクなどを用いられることが一般的です。

このボタンのリンクやテキストを変更し、CTAを最適化することでコンバージョン数が改善される事例が非常に多いです。

理由としては、運営者が思っている以上に、訪問者は「このページで何をしたらいいか」を分かっておらず、それをきちんとガイドできていないサイトが多いことが考えられます。

わずかな違いでも、「このページで何をしたらいいか」「このボタンを押すと何が起こるのか」などを明確にし、訪問者の不安を取り除くことが出来れば、結果が変わってくるので、試してみる価値の高い施策です。

複雑に考えすぎず、まずは試してみることが成功への近道

本稿では、簡単に実施ができ、かつ効果がでやすいアイデアを3つほど紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

A/Bテストで成果を出すためには、まずはテストを実施し、その結果を見ながらテスト内容を改善していくことが必要です。

必要以上に複雑に考え、1回のテストに時間をかけすぎるのではなく、まずは簡単なものから複数試してみることをオススメします。

また、planBCDではA/Bテストをより効果的に行う手段として、世界中のグロースハッカーにUI改善を依頼できるOpen Offerという機能を準備しており、現在非常にグロースハッカーの方のニーズが高まってきています。

自身のUI改善のスキルをもっと生かしたいという方は、是非こちらからグロースハッカー登録(無料)をお願いします。