Never Ending Re-InventionKaizen Platform オフィシャルブログ

【ユーザー事例】コスモスイニシア様
「NabiSTAR KAIZEN Accelerator」導入事例
〜マーケティングPDCAの高速回転の先に見据えているものとは?〜

(左)株式会社LIFULL Marketing Partners  事業企画本部 事業戦略部 副部長 三浦 純太郎 氏
(右)株式会社コスモスイニシア レジデンシャル本部 統括部 流通事業推進課 課長 須永 和宏 氏


2016年6月、株式会社LIFULL(旧社名 株式会社ネクスト)はKaizen Platformと連携して不動産に特化した、Webサイトでの反響数増加を支援するサービス「NabiSTAR KAIZEN Accelerator」の提供を開始した。プレスリリースはこちら

「NabiSTAR KAIZEN Accelerator」の概要

「NabiSTAR KAIZEN Accelerator」はKaizen Platformのサイト改善プラットフォームと、LIFULLが不動産・住宅情報サイト『LIFULL HOME’S』の運営で培ってきたマーケティングデータやノウハウを活かし、不動産会社のWebサイトの反響数向上などの課題解決をサポートするサービス。


 

今回は「NabiSTAR KAIZEN Accelerator」の導入事例として株式会社コスモスイニシアでデジタルマーケティングをリードする須永和宏 氏に導入の背景や狙いについて語っていただいた。聞き手は、コスモスイニシア社での「NabiSTAR KAIZEN Accelerator」導入をサポートしたLIFULL Marketing Partners 三浦純太郎 氏。

マーケティングROIを高めるためPDCAの回転速度を上げる

三浦氏:「NabiSTAR KAIZEN Accelerator」の導入を検討するにあたっては、サイトの課題を把握し、改善結果を測定することが重要だと思いますが、御社では、マーケティングROIやKPIはどのように運用されていたのでしょうか?

須永氏:基本的な数値は抑えるように努力しています。どれだけの広告費用を投下して、その結果、インプレッションが何件、クリックスルーが何件、資料請求が何件、何件が成約といった基本的なKPIは、きっちりと把握していました。その上で、ブレーキを踏むし、アクセルも踏みます。

継続的にマーケティングのROIを改善していくためには、PDCAのサイクルをどれだけ高回転で回せるかに掛かっているのではないかと思います。PDCAの回し方はもっと進化させられると思っています。

実施した施策は必ず振り返りをする、コストに対する成果も評価する、それがあたりまえに回っていることが重要だと思います。

三浦氏:おっしゃる通りだと思います。御社のマーケティング施策や広告の運用は、いい意味で緊張感がある印象です。

続きを読む

職業:わかりやすくする人、グロースハッカー。
トップグロースハッカーの片岡さんが目指す「とことん優しいデザイン」とは

優れた改善実績を上げたグロースハッカーを表彰する『グロース ハッカー アワード』で2年連続(2016年/2017年)で受賞をしているトップ・グロースハッカーが片岡彩子さん。2014年からの3年間に、通算600件近くの改善デザイン案を投稿している。今回、ビジネス向けの動画学習サービスSchoo(スクー)のグロースハック講座に講師として登壇されるために、お住いの福岡から東京のスタジオにいらしていたところへお邪魔してお話を聞いた。

片岡さんのグロースハックのアプローチやデザインの作り方については、スクーの講座でお話されていたので、こちらでは、片岡さんがグロースハッカーになったきっかけや、フリーランスとしての働き方などを聞かせていただいた。

 

スクーでの講座の様子。スクーのサイトをグロースハックして、担当者とディスカッションするというユニークな内容。片岡さんのデザインはオンラインでの受講者から”わかりやすい”というコメントが寄せられていた。

続きを読む

「現地の人が持つ感覚」を大切に。WAmazing加藤氏が語る、クロスボーダーマーケティングで心掛けるべきコト

 

近年、日本を訪れる外国人の数は増加し続けている。日本政府観光局によると、2016年の訪日外客数は2403万9千人であり、過去最多の訪日者数となった。

訪日観光客に対して無料のSIMカードを提供し、タクシーの配車サービス、飲食店や観光のおすすめ情報などを提供しているスタートアップ企業がWAmazingだ。今回は、WAmazingの代表取締役社長である加藤史子氏に、WAmazingの海外市場へのマーケティング施策についてお話を聞いた。

加藤氏にご登壇いただいたAd Week Asiaのセッション記事はこちら

<WAmazingサービス紹介ビデオ>

続きを読む

Facebook 近藤氏に聞く。Video Firstの時代における広告クリエイティブのあり方

 

現在のFacebookのユーザー数は、グローバルで18億6,000万人、日本で2700万人。ユーザーは膨大な時間をFacebook上で過ごしている。Facebookは実名制なので、他のメディアに比べて圧倒的な精度でターゲティングが可能で、マーケティングメディアとしての最大の魅力である。

Facebook広告のクリエイティブは、瞬間的にユーザーの興味を引きつけるインパクトが必要だ。しかし、いたずらにインパクトだけを狙ったクリエイティブを使うことで、高い精度でターゲティングされたオーディエンスにネガティブなブランドイメージを与えてしまう危険性がある。クリエイティブの良し悪しが、広告の効果を決めるもっとも重要な変数となっている。

Faceobookでは、動画広告がその高い広告効果から注目されているが、動画のクリエイティブ制作は、静止画よりも手間がかかり、フォーマットの自由度も高いので、広告主は動画広告のクリエイティブ制作の正解を模索している状況である。

今回、「Advertising Week Asia 2017」でKaizen Platformが開催した「デジタルマーケティングを活用したグローバル市場へのチャレンジ」パネル登壇していただいた、Facebook社の近藤氏に最近のFacebookでのトレンドや、動画広告におけるクリエイティブの作り方などを聞かせていただいた。

ユーザーは0.25秒で「観たいか、観たくないか」判別する

――「Advertising Week Asia 2017」のパネルセッションでは、近藤さんがお話された「Video Firstの時代」というキーワードがとても印象的でした。現在のFacebookにおける動画コンテンツの動向について教えていただけますか?

近藤:ユーザーは、タイムライン上に流れる動画を0.25秒で「観たいか、観たくないか」判別すると言われています。動画の場合、ロケットスタートというか、スタートにインパクトを持ってくるとか、最序盤でユーザーの関心を惹くことが大事です。

また、ユーザーが「どのような状況でこの動画を観ているか」を考えて、コンテンツを考えることも重要になっています。「電車での移動中に観る」とか「家族と一緒にじっくりソファに座って観る」といったように、視聴されるシチュエーションによって最適なコンテンツは異なってくるからです。「どんな人に」「どのように」「どの時間帯に」「どんなメッセージを」届けたいのかを丁寧に設計することが求められる時代になっています。

続きを読む

Advertising Week Asia 2017レポート
グローバル市場での成功はソーシャルメディアがカギ (後編)

アドテクのコモディティ化がクリエイティブの重要性を高めている ― Kaizen Platform 須藤


(前編からつづく)
Kaizen 須藤:私の方からは、現在の広告業界が置かれている状況について話をしたいと思います。グローバルではGoogleとFacebookの2社がディスプレイ広告の4割を占めており、今でもシェアは高まっています。つまり、プラットフォーマーによる広告市場の寡占化が進んでいて、今までAd Techの企業の価値をプラットフォーマーが代替していくだろうと考えています。


続きを読む

Advertising Week Asia 2017レポート
グローバル市場での成功はソーシャルメディアがカギ (前編)

2017年5月29日から6月1日の4日間、世界最大級の広告とマーケティングのカンファレンス Advertising Weekのアジア開催である「Advertising Week Asia 2017」が東京ミッドタウンで開催された。Kaizen Platformは昨年に続きスポンサーとして参加し、”GO GLOBAL”をテーマにパネルセッション「デジタルマーケティングを活用したグローバル市場へのチャレンジ」を開催した。

パネルとしてFacebookの近藤宇洋氏、WAmazing 代表取締役社長の加藤史子氏、Retty 代表取締役CEOの武田和也氏が登壇し、Kaizen Platform CEOの須藤憲司がモデレータとしてディスカッションに加わった。

続きを読む

グロース ハッカー アワード2017
滑らかな顧客体験と新しい働き方のプラットフォームへ CEO須藤憲司・クロージング&プレス発表

2017年3月14日。Kaizen Platform, Inc.は「21世紀の新しい雇用と働き方の創出」をテーマに『グロース ハッカー アワード 2017』を開催した。複数回にわたりお届けしてきた本レポートも、いよいよ最終回を迎える。

今回は、Kaizen Platform, Inc. Co-Founder & CEO須藤憲司によるクロージング&プレス発表の模様をレポート。今回のグロース ハッカー アワードとKaizen Platform, Inc.のこれまでを総括し、須藤は感慨深そうに、言葉を紡いだ。

続きを読む

グロース ハッカー アワード2017
“うちのママはグロースハッカー!” 
官民共同の子育て支援プロジェクトから生まれたママグロースハッカーというはたらき方

アワード会場でインタビュー取材中の実子さんと二人のお子様。会場にはベビーシッターさんと託児ルームが準備され、親子でイベントを楽しんでいた。

2017年3月14日。Kaizen Platform, Inc.は「21世紀の新しい雇用と働き方の創出」をテーマに『グロース ハッカー アワード 2017』を開催した。本ブログでは、その内容をセッションごとにお伝えしていく。

今回は、「グロースハッカー人材の育成、新しい働き方実現のプロジェクトの成果発表」のセッションのレポートになる。このセッションでは、福岡市の創業特区プロジェクトとして2015年にスタートした「Growth Hack for Women」プロジェクトとそのプロジェクトを通じて誕生したママグロースハッカーの活躍とはたらき方について紹介する。

続きを読む

グロース ハッカー アワード2017
そのデザインの意図は、本当にユーザーに伝わっているだろうか? 受賞グロースハッカーによる改善事例解説

2017年3月14日。Kaizen Platform, Inc.は「21世紀の新しい雇用と働き方の創出」をテーマに『グロース ハッカー アワード 2017』を開催した。本ブログでは、その内容をセッションごとにお伝えしていく。

今回は、受賞グロースハッカーによる改善事例解説の様子をレポートする。登壇いただいたのは、自動車・バイク部門賞:岡村しんし氏、求人部門賞:北古賀紀行氏、スマートフォン賞・不動産部門賞:淵上喜弘氏、オープンオファー賞:宝寿原(ほうすばら)実加氏の4名だ。

司会であるKaizen Platform, Inc.の岡本葵(まもる)が、UI改善において特に優秀な成績を収めたグロースハッカーの方々に、そのノウハウを伺った。

どういった視点でグロースハックを行っていますか?

司会:グロースハッカーの方々が、普段どういった視点でグロースハックを行っているかを、事例を通じてご紹介させていただければと思います。

まずは、中古車買取のガリバーの査定ページを改善された岡村さんにお聞きします。3つのデザイン案のうち、中央のものは1年間、ずっとコンバージョンレートがトップのデザイン案として使われていたものですよね。これをさらに改善したのが右側のデザインですが、こちら、どのような工夫をされたのでしょうか?

 

岡村さんのデザイン案:中古車買取のガリバーの査定ページ
岡村さんのデザイン案:中古車買取のガリバーの査定ページ。真ん中のデザインは、以前、がっちりマンデー!!で紹介されたこともある改善案。放送された番組はこちら今回、解説された事例は、さらにその上をいく改善成果を実現。続きを読む

グロースハッカーアワード2017開催速報レポート

本記事は、イベントの様子を写真でお伝えしています。各セッションの詳細記事も公開していきます。


イベントの全てを動画でご覧いただけます。

当アワードは、Web業界で働くためのオンライン動画学習サービス – Schoo(スクー)のご協力によって、インターネットで生中継されました。その生中継放送の動画をスクーのサイトでご覧いただくことができます。現在、スクーの会員でない方は、無料会員に登録すると入会特典で1本動画を観ることができます。

グロース ハッカー アワード2017の中継放送の動画はこちらから(https://schoo.jp/class/3840)


オープニング

開演前にすでに満席となったアワード会場。スポンサー企業のロゴで囲まれ、グロースハッカースタジアムといった雰囲気。

続きを読む